神と怨霊 思うままに

梅原猛
エッセイ集 2008年(新聞連載2005〜2007年) 文藝春秋
スンマセン、過去の人かと思ってた ★★☆


『神と怨霊』とは、思わず引いてしまうタイトルだが、『思うままに』という副題(正題?)が示す通り、日常生活や社会問題を取り上げた、ごく常識的な随想である。庭の花から始まって、プロ野球や大相撲の話題、JRの脱線事故に潜む企業体質、ライブドア錬金術、イラク戦争など、時事問題に対する意見は読みやすく含蓄に富む。

と思いきや、やはり歴史・宗教・哲学関連が主題となってくる。

「神は死んだ」とニーチェは言った。我が国では人が死んで神になるのである。
個人が神として祀られるには、非業の死を遂げねばならぬ。だから怨霊。

人が神になれる日本は軽い国か、幸いな国か。西洋神と違って絶対的存在ではないし、八百万もの数だし、比較はできない。
中国でも関羽のように、不本意な死ゆえか祀られた武人がいる。なぜか商売神。
「祀る」行為は「崇める」よりも「祟りを恐れる」気持ちのほうが大きい。そういえば「崇」と「祟」はよく似ている。

死んで「神」になるのはなんとなくなじまない、死者は「ホトケ」になるものではないのか。ま、それは一般人。これとて犯罪被害者など不幸な死に方をした人ほどそう呼ばれる傾向にある。
宗教心のない身には、神も仏もありゃせん、違いさえわからんのだが。


神を考える参考に↓

脳の中の「私」はなぜ見つからないのか?

前野隆司
哲学書 2007年 技術評論社
脳の中にいるのは小さなホムンちゃん ★★


『ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史』ということで、科学と哲学の融合?

人の「心」は脳にあるのか。心身一元論、二元論など史上現れたさまざまな説を紹介しつつ、ロボット学者の立場から一元論を語っていく。
ま、心がどこにあろうと生きていくに差し支えない。てのが凡人の感想だ。

思い出すは星新一のショートショート。
神を作ろうとした人が、神に関するあらゆる情報をロボットにインプットしていったら、しまいにロボットは姿が薄れて消滅してしまった。そして・・・かなり衝撃的な結末であった。この国に神は存在していなかったのである。
2008年05月11日 12:33 by 蕪  ※(0)  虎(0)  随想・評論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントが表示されるまでに日数がかかります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96352839
 

この記事へのトラックバック


本の迷惑 トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。