だれもあなたのことなんか考えていない

ロジャー・ローゼンブラット Roger Rosenblatt
エッセイ 早川書房
30歳過ぎたら自分の人生に責任を持て ★★☆


副題『他人にしばられずに長生きするための58条』

海外ではこういう、ちょっと気の利いた短文を並べた薄手の人生訓に人気があるようだ。
もっとも本作には妙に長い編もいくつか混ざっており、気の利いた内容とも限らない。形式だけにとらわれたんじゃない、中身重視だよ、と言いたげ?

58のうち半分近くは一般日本人には関係なさそうだし、訳文に首をかしげる部分もあり、買ってまで座右に置くほどではない。まして各章の中身を暗記するなんてとてもとても。
第一、基本的姿勢が否定に満ちている。あれをするな、これをするな。ま、長生きしたかったら、吸ったり飲んだり食べたりを最小限に抑えなければならないのが真実だからね。

としても、こういうジャンルにはなじみにくい翻訳本のわりには、気に入った部類。
ごもっともないくつかの章を書き止めてうなずくだけでも価値はある。

『孤独のほうがエッグベネディクトよりまし』・・・エッグベネディクトって何よ? 何であったとて、「孤独」は「まし」と相対評価される以上のものだと、個人的には感じている。

『だれも羨まないこと──絶対に』

『だれかに忠告してはいけません。とくに、それがその人のためになると思うのならなおさら』・・・あああ、至言である。

『あなたのことじゃない』・・・実に。解説に自分のことを書くヤツが多過ぎる。

そして『お金のために行動するなかれ』・・・おお、そうだったか。そうだ、その通り。以上。
2008年05月03日 13:34 by 蕪  ※(0)  虎(0)  随想・評論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントが表示されるまでに日数がかかります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95497034
 

この記事へのトラックバック


本の迷惑 トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。