ジョン・ディクスン・カー<奇蹟を解く男>

ダグラス・G・グリーン
評伝 1996年 国書刊行会
マニア向け良書 ★★★☆


500ページ超のぶ厚い本。文献と注釈だけでも相当なもの。
年表と登場人物リスト(!)があればもっと良かった。しおりひもも2本くらい欲しいところだ。

カーの生涯になんぞ興味はないと個人的には思っていたのだけど、意外や読み始めたらどんどん惹き込まれてしまう。
カーマニアだけでなく、ミステリファンなら読んでおこう。なぜ推理小説家にカーのファンが多いのかわかるはずだ。

英米作家と呼ばれたカーの、イギリスとアメリカに対する揺れ動く思いや、なんであんなに駄作が多いのかという謎に対する答え(?)も含め、作品、交流、家族、手紙などを通して鮮やかに浮かび上がるカーは実に人間的。なんとみっしり詰まった人生であったか。
わたくしが読んだものはおそらく全体の半分くらいに過ぎないだろうが、再読したい気分にさせてくれる。

著者は人文学の教授でミステリ収集家。アンソロジーなども編纂している。カーの一ファンでもあった。
内容はほぼ全作品に言及している丹念な労作。
ネタバレの前には警告マークがあるが、どこまで飛ばせばいいか、ぱっと見てわかりにくいのが難点。さほど重大なばらしはないように思う。

よくできたミステリなら、トリックがわかっていても面白く読めるものである。
真摯に書評を書こうとする人なら2度3度読み返すであろう。2度目は読書というより作業、つまり伏線や状況説明をチェックしながら納得したり首をかしげたり、細部へのこだわり(せこさ?)に感嘆したり・・・神の気分でかえって興味が深まることだってある。
わたくし自身は読み返すとしてもずいぶん年月が過ぎてからになることが多く、たいていストーリーも犯人も忘れてしまっているのだが、『ユダの窓』だけはいつまでも覚えている。うん、あのときはほんとスゴイと思った。
2008年04月27日 08:31 by 蕪  ※(0)  虎(0)  伝記・人物論・書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントが表示されるまでに日数がかかります。

この記事へのトラックバック


本の迷惑 トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。