物しか書けなかった物書き

ロバート・トゥーイ 法月綸太郎・編
短編集 2007年 河出書房新社
編するくらいならもっと物書いてくれ法月 ★★★


いわゆる「奇妙な味」ジャンル。
ファンタジーとも妄想ともつかない、ちょっとした思いつきを文章にしたようなものもあり、賛否が分かれそう。

たとえば「あっと驚くどんでん返し」みたいなものとは違っていて、変な方向から足をすくわれる、のだけど、ひっくり返らずに立っていられる、そんな軽さであった。
『階段はこわい』など、その典型かな。

『予定変更』ではなんとも言いがたい不条理に肩透かしを食わされた気分になる。ある意味つまんない展開だが、実はこのようなものを書きたかった気持ちがじわんと迫ってきたりする。
世界中の人が寄ってたかって、しかも万難を排して自分をおとしいれようとしていると思えてならないことが、人生にはけっこうあるじゃないか。うおう。


ついでにこの人↓

ナツメグの味

ジョン・コリア John Collier
短編集 2007年訳書 河出書房
シナモンを混ぜてみたらどうかね ★★☆


奇妙な味の第一人者、ジョン・コリアの最新作。と思いきや、1940年代に書かれたものであった。時代を感じさせないのが、「奇妙な味」の普遍性である。
平凡な素材でもとことん煮つめる(執着させる)と、味が出てくるのだ。ただし読後感はあまりよろしくない。
2008年04月25日 21:06 by 蕪  ※(0)  虎(0)  ミステリ・推理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントが表示されるまでに日数がかかります。

この記事へのトラックバック


本の迷惑 トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。