他人と深く関わらずに生きるには

池田清彦
エッセイ 2002年 新潮社
お気楽人'正論 ★★


たいそう心惹かれるタイトルだったので、思わず手に取ったのである。
見出しも『病院にはなるべく行かない』『心を込めないで働く』『ボランティアはしない方がカッコいい』『自力で生きて野垂れ死のう』など魅力的な断言がいろいろ。
何も反社会的な行為を奨励しているわけではなく、『とりあえずは世間という呪縛から自由になる必要がある』と、けっこう真面目な論調。

内容については肩透かし。願わくはもっと実践に即した具体的なサバイバルテクニックを並べてほしかった。
全体的にさして役立つ指針とはいえず、机上の空論に終始している。
この薄い本の後半を占める『他人と深く関わらずに生きるためのシステム』(の提案)など、妄想じみた駄弁だい。
こーゆー人を教授に頂くY大学のレベルも知れようってもの。

とまあ、こき下ろし放題は愛の裏返しで、実はとっても気に入ったのであった。
個人的には賛成したい部分が多い。と吐露しておく。


なので、これも読んでみた。↓

自由に生きることは幸福か

池田清彦
エッセイ 2000年 文春ネスコ ★★★


リバタリアンってオバタリアンの同類か?

のっけから『3億円で自由になれるか』てなネタで、いささか違和感が生じる。
生活費を得るために会社や組織に魂を売っていると感じる人々にとって、お金は確かに自由の象徴である。

が、わたくしなんぞは日々有り余る自由を持て余しており、その代償が貧しいフトコロなんだから、お金がない=自由という式が成り立つのである。
自分では案外幸せなほうかなーと思ったりもする。お金が増えたら幸せが減るんじゃなかろうか。

とはいえ、このささやかな幸せ感は相対的なものに過ぎない。おそらく(かなり不幸せな)他人との比較から生じている。比較をしている限り真の幸せは得られないであろう。

・・・では、幸せとはなんなのだ? 結局は心の持ちよう。
2008年03月30日 14:16 by 蕪  ※(0)  虎(0)  随想・評論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントが表示されるまでに日数がかかります。

この記事へのトラックバック


本の迷惑 トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。